『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

ヴィンテージのスカーフたち

2011.02.01 Tuesday
今日も良いお天気でした。

早く春が来ないかな〜。

今日は、チラ見せです。

今年はスカーフで行こう





セヴンティーズのスカーフ、色々入荷しました
お目当てのブランドはあるかしら?
ほとんどが、シルク100%の質の良いものです。
プレゼントにも良いですね。

是非お店で広げてご覧になってくださいね。


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

この冬最後の入荷

2011.01.24 Monday
冬物はまだまだ値下げ中です!

春物は、週末〜週明けに入荷予定です。

今シーズン最後の冬物のご紹介です。

『ロベルタ・ディ・カメリーノ トートバッグ ベロア』 AS-106 

セブンティーズのヴィンテージ。
みんな大好きROBERTAの、小振りのトートです。
紺のベロアに、緑と赤のベルトだまし絵。
その上には、ゴールドと黒の本当のベルトも付いています。

その本当のベルトは、これといって、使うことは無いと思います。
飾りとしてデザインされています。

口がガバッと開く、使いやすいトートです。

バックスタイルも、表と同じデザインです。


ツイッター始めました。
こちらのブログが更新されると、ツイートに自動反映されますのでチェックしてみてくださいね。
ホームページのトップでご覧いただけます。
白地の「Ohlala_koenji」をクリックすると、過去のすべてのツイートを見ることができます。


フォローはこちらから
Ohlala_koenjiをフォローしましょう



★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

高円寺の中のフランス

2010.12.07 Tuesday
昨日の夜は、当店でも人気、フランス人アコーディオン奏者「ダニエル・コラン」さんが、
またまた高円寺へ遊びに来てくれました!

もちろん当店にもお立ち寄りくださって、もうこれで何度目のご来店でしょう。
とても嬉しいです。
(以前ご来店の記事はこちら

今回は、新譜に参加したメンバー5名もご一緒。
日本でのライヴ・ツアー5箇所を終えて、
最後の夜を、高円寺のフレンチ・ワインバーで飲みつつ、
テラス席で即興ミニミニ・ライヴとなりました。

左から、クレール・エルジエールさん、ドミニク・クラヴィクさん、ラウル・バルボサさん、ダニエル・コランさん。
ここには写っていませんが、グレゴリー・ヴーさんも。
(Claire Elzière,Dominique Cravic,Raul Barboza,Daniel Colin)


CD発売元、リスペクト・レコードの関係者の方々、翻訳&シャンソン評論家の大野修平さん、
有名フレンチ・シェフの方々、高円寺路地裏の通行人、などなど・・・
さながら、ガーデン・パーティーのよう。


私は、コランさんの隣に座らせていただいて、大迫力の演奏に聴き入ったのでした。
黒のラコステの長袖ポロという、ファッション・チェックもさせていただきまして(笑)。
「剛鉄の指、早弾きのターボ」との別名もあり、腕も手も、とても大きかったのと、
アコーディオンを、とてもとても大切そうにされていたのが印象的でした。



10月に発売されたアルバムは、当店でも好評販売中です。
CD『パリの出会い/ラウル・バルボサ&ダニエル・コラン』 D-127

(CDシリーズの解説はこちら

★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

大ぶりネックレス

2010.11.23 Tuesday
なんだか、全然寒くならないですねぇ。
私は、今日もコート無しですー。

本日ご紹介するのは、大ぶりネックレスと題して、3つご紹介いたします。
やっぱり冬には、大ぶりですよね☆

『セリーヌ 80'S 特大ペンダント』 D-124

ココア色の、オフタートルセーターに付けてみました。
大迫力な、ゴールドのセリーヌマーク!


後ろで引き輪で脱着できますが、大きく結ったヘアスタイルをしていない限り、この金具を使うことは無いと思われます。
チェーンが長いので、余裕でかぶれちゃいます。

   
ペンダント・トップの拡大は、こんな感じです。左が表で、右が裏です。
CELINEの刻印入り。
少し重いです。


すっきりしたネックラインのお洋服用に、ヌード・トルソーにも付けてみました。
どこにしていっても、注目の的間違いなし!


お次は、メンズにもオススメ。
『ループタイ風 80'Sペンダント』 D-125

上と同じセーターを着用。
このペンダント、実はひとひねりあるのです。
このまま大ぶりでも良いのですが・・・。


あら、なんか、形が変わりました!

   

   
下の、丸いポッチを、シュルシュルとひっぱると・・・ 
なんとループタイみたいに、エックス型の金具が上に上がっていくのです。
シャツタイプの襟の上着にもイケます。
ボタンを留めたジージャンの上なんかもいいかも。
衿無しワンピなら、チョーカーぽく。

ループタイは、普通、ヒモでしょう!?
どうしてこんな硬い素材を使ったのか。
考えついた人、その発想がすごい。


こちらも後ろに引き輪があるけど、あまり使うことはなさそうですね。


そして3つめ。
『ディオール 80'Sチャームネックレス』 D-126

チャームブレスレットみたいなネックレス。
ジャラジャラジャラ・・・・

こちらは、後ろにチェーンを付け足さないと、この長さになりません。
実際の長さですると、オフタートルにはちょっと無理がありました。。。

どうでしょう?

    
ヌード・トルソーで、実際の長さをお見せします。
2段階に調節できまして、左が長いバージョン、右が短いバージョンです。


この輪っかにバーを通して付けるので、
この2段階の調節ができるのです。


さて、こちらが全体図。
チャームがイチイチ可愛くて、凝っています。
左から順に、ズームしましょう。

香水?薔薇?
 パリのディオール本店。
ビルの底にはChrDiorの文字。

パルファム。
プレゼント?


プレゼントのバックスタイルも、手を抜いていない!表はリボン結びなのに・・・。


今日のコーディネイトをお手伝いしてくれたセーターを、最後にご紹介しますね。
『オフタートルセーター ココア色70'S』 CF-102

とってもシンプルで、ラインのキレイな、オフタートルセーター。
腕周りも、身頃周りも、ピッタリタイトなシルエットです。


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

革のコインパース

2010.11.12 Friday
本日は、小さなお財布をご紹介します。

お財布の中から選りすぐって、小銭入れ、しかも革素材を3つ。
ちょっと気の早い、クリスマスカラーです
左から、扇型、バケツ型、コンパクト型。

『コインパース 扇型 赤オーストリッチ』 D-121

扇型三角形の、赤いコインケースです。
お揃いの革紐と、金色のチャームが2つ、サクランボみたいに付いています


ファスナー口部分と、500円玉コインとの、大きさの比較です。
小さなお財布なのです。


素材はオーストリッチ(ダチョウ)。


内側は、ごめんなさい・・・
結構使い込まれていて、傷が出来ています


『コインパース バケツ型 緑革』 D-122

500円玉との比較です。
手前の金具で、パチンと開閉します。


横から見たところ。
・・・実は・・・


伸縮型で、こんな風に、中味の量によって、バケツ型になるのです!
お利口さんなお財布なんですよ〜。
まぁ、こんなにたくさん小銭を持ち歩くことも、なかなか無いでしょうが(笑)。
小物入れにも良いかもしれませんね。


内側はこんな感じ。
外はグリーン、中は赤で、クリスマスみたいです〜〜。
本体は、写真のように、ひねりながら伸縮させています。


船の刻印。


スペイン製の、スーベニールです。
スペインの革製品は、柔らかいのが特徴です。


『コインパース コンパクト型 赤革』 D-123

こちらは厚手のしっかりした革。
金色の刻印と、ラインがポイント。


手前のスナップボタンで、コンパクトみたいに、パカッと開きます。


裏は無地。
表から、1枚革でつながっています。


横から見た写真。
革のしっかり感が伝わりますでしょうか。

           
パカッと開けて、片方はポケットになっています(左)。
そして、もう片方は、滑り落ち防止になっています(右)。


イタリア製の本革、スーベニールです。


Firenzeの文字と、フィレンツェの紋章の刻印。

★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

ボストンバッグが欲しい

2010.10.26 Tuesday
しばらく更新が遅れてしまいました。
ごめんなさい・・・。
ブログの更新が無い時でも、お店の方には新入荷が毎日ありますので、
是非お店にも遊びに来てくださいね☆

本日は、絶対欲しいボストンバッグを、3つご紹介いたします。

  

左から、Pierre Cardin 、Old Gucci 、Yves Saint Laurent 。
順にご紹介します。

『ピエール・カルダン ボストンバッグ 黒』 AS-103

1970年代製のカルダン。
ベースカラーは黒。
このタイプで黒は、珍しいです。
ジャガード織りの生地には、Pierre Cardinの ロゴグラムが、茶色の「P」の柄になっています。
ベルト、周りのトリミング、底面は、黒の合皮です。


生地の拡大。


真横から見た姿。



内側はベージュのビニール製で、カルダンの文字がびっしりです。


トルソーの前に置いて、大きさのイメージを膨らませてみました。
身長165センチくらいに設定してあります。


『グッチ ボストンバッグ 茶』 AS-104

誰もが目を留める、存在感のありすぎ!のデザインです。
ピグスキン(豚革)で作られた、1970年代製の、オールド・グッチ。


真横からの図。
カッチリしてます。


底面。
ゴールドの足が5つ。
革部分には、少しアタリ(色落ち)が付いています。


バッグの開閉は、このベルトで。
バックルでシッカリ閉じます。
開けるのは、現代人には、ちょっとメンドクサイでしょうか?
そこが、古き良き味なのです。


フタを開けると、またベルトが!
これもバックルで開閉します。


中はベージュ。
ちょうど携帯電話が入るくらいのポケットが、両面に合計8つ付いています。
何を入れる為だったのかなー?と、想像してしまいます。


筆記体グッチの刻印は、オールドグッチの証明です。


写真で伝わるでしょうか。革の質感。。。
全部が革なので、持ってみると、重いです。。。


こちらも、トルソーと一緒に写してみました。
メンズにもオススメな大きさです。

『イヴ・サン・ローラン ボストンバッグ キャメル』 AS-105

やはりセブンティーズ、1970年代製です。
キャメルベージュのボディ、こちらはナイロン製。
レンガ色の真ん中のラインはジャガード織りの生地です。
茶色のハンドルやトリミングは、合皮です。
先程のグッチとは違い、実際に持つと、軽〜いのが特徴です。
これなら、細腕の女の子でも大丈夫!


横から見た図。
色ヤケがあります。
ファスナーで、底面に到達するまで開けることができます。
したがって、


出し入れ口が大きく開くので、大きめ荷物も、ラクラクですね。


ストライプの間に君臨するサンローランのロゴ。
カッコ良すぎます!


内側はベージュの生地製で、YSLのロゴがたくさ〜ん。


トルソーと並べて。


今回、バッグの大きさの比較だけの為の登場というわけにもいかないので、
ワンピースもご紹介いたしますね。

『花柄 マキシワンピ』 R-103

遠目で見ると、マーブル柄のようなロングワンピース。
甘〜い、ロマンチックな雰囲気です。
スカート部には、フロントに1本、ボックスプリーツ。


ウエスト切り替えは無く、バストラインの赤いテープ部で切り替えてあります。
ハイウエストよりも、highです。


首元が可愛いのです。
ギャザーをたっぷり寄せたフリルが、ネックラインを一周、首にピッタリ沿って包んでいます。


柄の拡大です。
素材はウール混でしょうか。
水彩画のようなタッチで、薔薇やマーガレットが描かれています。
花束みたいに、ぎっしり隙間なく詰まっています。


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち

新入荷ハンドバッグ

2010.09.19 Sunday
連休に突入しましたが、夏休みの延長のような暑さですね。
皆様、どんなお休みをお過ごしですか?

本日は、先日チラッとご紹介した、新入荷バッグのうちの中から、
オールシーズン活躍する、小振りのハンドバッグをご紹介します
お値段も小振りなのですよん


『70’S ハンドバッグ ベージュ』 AS-100

べっ甲風のリングが、メガネを掛けてるみたいな「顔」をした、小振りのバッグです。
本革にコーティングしてあります。
レトロ感たっぷり!



横から見たところ。
厚みのある革で、カッチリとしています。



『70’S 赤×紺 ミニ・ボストンバッグ』 AS-101

柔らかな革製の、赤と紺色の2色カラー。
コード(紐)状の取っ手が、女の子チックでカワイイのです。



横から見たところ。
マチが広いので、小振りのわりに、容量はあります。
クタッと感が、優しい雰囲気を醸し出しています。

ところでこのバッグ、カワイイだけじゃなく、とっても使いやすそうなんです。
上部ファスナーで開閉するタイプなんですが・・・
上の写真の、紺色の取っ手を引くのです・・・。



ここですね。



こんな感じで引きます。
2列のファスナーを、同時に開けられるという技。
ファスナーの滑りが良いので、ザザッとスピーディーに引っ張っても大丈夫です。



で、パカッと上蓋が開きました。
ね、たくさん入りそうだし、使いやすそうですよね
左には、スナップボタンが見えますが、内側で留める仕組みになっています。



『70’Sエナメル・オレンジ 2wayバッグ』 AS-102

さて、こちらはキュートすぎるハンドバッグです。
というか、ショルダーにもなる2way使用バッグです。
すごく綺麗なオレンジ色なんですよ?
是非実物を見に来てほしいです。



横から見たところ。
マチは薄めの、オシャレ・バッグですね。
角はすべて、コロンと丸くなっています。




内側にINしてあった、ゴールドのチェーンを出せば、ショルダーバッグになります。
ハンドルと止め具もゴールドです。


他にもバッグ、たくさん入荷しましたので、是非店頭で吟味してみてくださいね★


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ


小物たち

エッフェル塔グッズ

2010.08.21 Saturday
※このページの商品の画像についてはアップ後、約1ヶ月経ったので消去させていただきました。
ごめんなさい。。。


本日は、私も大好きな、フランス・パリの象徴、
エッフェル塔グッズをご紹介いたします。

『プチ・エッフェル塔 アンティーク・ゴールド』 D-115

エッフェル塔の、ミニミニ・オブジェです。
実物大の、1 / 3000 のサイズで、手のひらに乗るサイズです。
玄関、洗面台、お風呂、トイレ・・・・どこに置いても、すぐにそこがPARISに変身します!
フランスのポスト・カードや、お気に入りのフレンチ雑貨と一緒に飾ってくださいネ★

エッフェル塔の、一番テッペンがプクッと丸いバランスが、私は好き。
冠を被っているみたいな。


内側の構造です。


色違いもありますよ!
『プチ・エッフェル塔 ブルー』 D-116

当店オリジナルのカラーです。
他では手に入りません!
数に限りありますので、お早めに!

内側の構造。


エッフェル塔は、フランス革命の100周年と、パリで開催される万国博覧会の為に、
1889年に建設されました。
日本が明治時代の頃です。

その後、エッフェル塔が100歳、
つまり、建設されて100周年を記念したグッズが、色々ありましたが、
こちらもその中のひとつ。

『エッフェル塔100歳 缶バッヂ』 OL-109

1989年製の缶バッヂです。
実物は、画像より、もう少しオレンジ色が濃いです。
少しシミなど有り、時代を感じます。


裏側。


1円玉と比べてみると、小ささが可愛らしいのがわかります。


次は、ちょっと珍しいグッズです。

『レモネード ガラス瓶』 OL-110

こちら、すごく古いんです。
エッフェル塔が出来てから、しばらく経った
1900年前後頃のアンティーク・ボトル。
気泡の入ったガラスが、年代を感じます。

画像では見にくいですが、ビンには、
表側に「EIFFEL TOWER LEMONADE」
裏側に「FOSTER CLARK LTD. MAIDSTONE」
と刻まれています。

「FOSTER CLARK LTD.」というのは、イギリスの食品会社の名前です。
1800年代の終わり頃から、粉末のインスタント食品を製造していました。
・ミルクと混ぜて作るカスタードパウダー
・インスタントゼリーやプリンのパウダー
・キューブ状のインスタントスープ
など など など・・・

スゴくないですか!?
日本が、明治とか大正の時代にですよ!?
日本人からしたら、魔法ですよ!(笑)

そして、水に溶かして作る、レモネード(甘いレモン水)のパウダーも作っていました。
パウダーだけじゃなく、完成品のレモネードも販売しました。
エッフェル塔人気に あやかって?なのかは知りませんが、
なんと「エッフェル・タワー・レモネード」という商品名でした!

これは、その空き瓶なのです。
色は、グリーン系など、他にもあったみたいです。
そして、箱に入って売られていました。


クイッとラッパ飲みするのかな?
3センチ弱の、飲み口。
フランス語だと「limonado(リモナド)」で、レモン・ソーダの事だけど、
これは多分、レモン水の方だと思います。
約140ml容量の小さなサイズなので、
多分、3口くらいで飲み干せそうではあります。

さて最後に、スーベニール(パリのお土産)品。
エッフェル塔の栓抜きです。
『PARISの栓抜き』 OL-111

中心にエッフェル塔、
左に凱旋門、
右にノートルダム、
下にポンヌフ、
のデザインされた、アンティーク・ゴールドの栓抜き。


裏側には、「パリのお土産」という文字と、
パリ市の紋章。

フランスビールの代表、「1664」の王冠と、大きさの比較してみました。
栓抜きとしてのお仕事は、問題なく出来ます☆


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ

小物たち

Dior親子

2010.04.18 Sunday
※このページの商品の画像についてはアップ後、約1ヶ月経ったので消去させていただきました。
ごめんなさい。。。


クリスチャン・ディオールの1970年代のバッグたちです。
大・中・小 の親子で3つを、本日はご紹介します。

『ディオール 2WAY ショルダーバッグ 黒モノグラム70'S』 OL-105

A4判もすっぽり入る、使い勝手の良さそうな大きさです。
ベルトの長さは2way(2通り)出来、
上は短いタイプ。
肩から掛けられます。


こちらは、ベルトを長くしてみました。
ナナメ掛け出来ます。
上はファスナー閉じなので、中味が見える心配もナシ!
外側にはポケットが無く、いたってシンプルです。
色は黒。


次は中くらいで・・・
お財布のような・・・
『ディオール チェックケース 黒モノグラム70'S』 OL-106

一見、長財布のように見えますが・・・


開けるとこんな風になっています。
今でこそ、クレジット・カードなる便利なモノがありますが、
フランスでは当時、現金(キャッシュ)はあまり持ち歩かず、小切手(チェック)で支払うことがポピュラーでした。
よく、昔のフランス映画などで、そんな場面出てきますよね?
こちらはその、小切手帳を入れるケースのようです。
日本人にはあまり馴染みがないので、さて、これをどんな風に使うかは、全く自由なのです。

そこでlalaコが一つ考えてみました。
スケジュール帳のカバーです。

イメージで白いノートを挟んでみました
いかがでしょう?


表紙はこんな感じデス。
あなたなら、どんなケースに使いますか?
アイデアを練ってみてください


生地のアップです。


お次は小サイズで・・・
『ディオール コインケース 紺モノグラム70'S』 OL-107

お財布です。
小銭入れです。


パチン、とスナップホックで開閉します。



ゴールド色のクリスチャン・ディオール(Christian Dior)のロゴ 「CD」 がアクセント。

さてさて、ディオールのファンの方は多いですが、
あまり知らない方に、Ohlala店主 lalaコのブログで紹介してみましたので、
ご興味あれば、そちらも是非ご覧くださいませ。

★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★ 本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ



小物たち

エアライン・グッズたち

2010.03.22 Monday
※このページの商品の画像についてはアップ後、約1ヶ月経ったので消去させていただきました。
ごめんなさい。。。

久方ぶりの更新でございます。

陽気はすっかり春になってきましたね。

本日は、エアライン(航空)グッズを少々ご紹介です。

お店のウインドーに飾ってあった、エール・フランスのバッグは、チェックしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいましたが、
メデタクお嫁に行ってしまいましたので、今回は、別の航空会社です。


『KLM キャンバスBAG』 OL-101


1960年代のデッドストックです。
素材はシッカリしたキャンバス生地。
現物は、写真よりもう少し深いブルーで、
白いトリミングラインとのコンビで、いかにも航空バッグ!な可愛さ。

ただしコチラ、ご注意ください。
未使用品ですが、あまりに年月が経ち過ぎた為、
内側のビニール生地が割れてきてしまっていて、ご使用は難しいかもしれません。
内側の生地を張り替えるか(張替えは、別料金で当店でも加工できます)、インテリアでお願いいたします。
シミもありますので、スミマセン。。。


↑↑↑横からみたところ。



ベルトはこれくらいまで伸ばせます。

KLMオランダ航空は、6年ほど前に、エールフランス航空と統合しました。
世界で一番古い航空会社、のひとつです。
このロゴも、健在です。
このクラウンマーク、個人的に大好きです


KLMグッズを、もう一つご紹介。
『KLM ジュニア・バッジ』 OS-100

アルミ製のバッジです。
FLYING JUNIORと書いてあります。
以前、他のシリーズもありましたが、こちらは、子供向けサービス用?でしょうか。



裏側はこうなっています。



でもでも、やっぱりエール・フランスがいい!
という方に、こんな珍しいバッグが入荷しましたよ!


白いボストンバッグですねえ〜

・・・・と、あっさり頷かないでくださいっ!
実はこちらは・・・・

こぉ〜んなに小さいんですーーー!
右の500円玉硬貨と比べてくださいな。
ねええぇぇぇ〜?
カッワユイ〜でしょう〜?

実はコチラ、バービーちゃん(人形)のバッグなんです!
そして、当時はちゃんと、同じデザインの人間用?のバッグも存在したんですよー?
どこかで巡り会えたら嬉しいですね。

『AIR FRANCE ミニミニ ボストン・バッグ 白』 OL-102

古い物の為、シミがあります。

エールフランス物、今日はあと2つご紹介しますね。

『AIR FRANCE ロゴ・ピンズ』 D-113

1960年代の色ですね。
紺じゃなくて、水色です。
サイズは小さめです。
さりげなく、真っ白のシャツやブラウスの襟に付けたいっ。

ピンズなので、裏はこうなっています。
銀色ベースです。

『AIR FRANCE ミニバス』 OL-103

ミニカーです。
遊ばれすぎて(笑)、だいぶオンボロになっていますが

人が乗っていますね、何人か。
(シートが青で、人が茶色です)


運転手さんもいます。


↑↑↑後ろスタイル。
やっぱりこのカラーが好き。

↓↓↓MADE IN FRANCEです。
タイヤは動きますから、ガシガシ遊んでやってくださいまし。


店内には、他にもエール・フランス・グッズございますので、是非お店の方にもチェックしにいらしてくださいネ★


★気になる商品がございましたら、お電話、またはメールにて、お気軽にお問い合わせくださいませ
★本日ご紹介した商品は、
簡易版通販サイトにてご購入ができます
★画像クリックで簡易版通販サイトのページが開きます


Oh là là ホームページへ
小物たち